交感神経

特に体を活発に活動させるときや働く自律神経交感神経が優位に働いているときは、血管は収縮し心拍数は増大するため血圧は上がる。逆に胃や腸の運動は抑制されるなどの特徴がある。また、ストレスを感じると交感神経が優位の状態になりやすい。