イソフラボン倶楽部 > ニチモウとの共同研究:米ハーバード大がアグリコン型大豆イソフラボンによる更年期症状(ホットフラッシュ)の緩和効果を発表

ニチモウとの共同研究:米ハーバード大がアグリコン型大豆イソフラボンによる更年期症状(ホットフラッシュ)の緩和効果を発表2008/01/21

ニチモウ株式会社と、ニチモウバイオティックス株式会社は、開発素材である発酵大豆胚芽抽出物(ダイゼインリッチアグリコン型イソフラボン:商品名『AglyMax®』)が、女性の更年期におけるホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)の頻度および度合の低減に効果的であることを米ハーバード大学との共同研究で確認しました。

この臨床試験は、約4年間にわたる大規模な無作為二重盲検法擬似薬対照並行群間比較試験で行われ、研究論文が米国の権威ある更年期医学会医療雑誌「Menopause1月号」に全文掲載されました。

2008年01月21日
ニチモウバイオティックス株式会社