イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > ニュース > 発酵大豆胚芽抽出物(AglyMax®)の子宮内膜症に対する有効性をパイロット試験で確認 ~第 41 回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会で発表~

発酵大豆胚芽抽出物(AglyMax®)の子宮内膜症に対する有効性をパイロット試験で確認 ~第 41 回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会で発表~2020/01/17

ニチモウバイオティックス株式会社は、京都府立医科大学産婦人科学教室(教授:北脇 城)との共同研究より明らかとなった、自社オリジナル素材AglyMax®(アグリコン型イソフラボン)の子宮内膜症の月経痛改善などの有効性について、2020 年 1 月 18 日(土)~19 日(日)に山口県下関市で開催される『第 41 回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会』にて発表します。

2020年1月17日
ニチモウバイオティックス株式会社