イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > ニュース > アグリコン型イソフラボン素材『AglyMax🄬』が子宮内膜症改善用素材として特許取得

アグリコン型イソフラボン素材『AglyMax🄬』が子宮内膜症改善用素材として特許取得2021/12/20

ニチモウバイオティックス株式会社は、自社オリジナル素材AglyMax®(アグリコン型イソフラボン)において、京都府立医科大学と共同研究で子宮内膜症間質細胞の増殖抑制および子宮内膜症モデルマウスの病変形成の抑制が確認されたことから、平成 29 年に同大学と共同で特許出願しましたが、この度、子宮内膜症改善用素材として令和 3 年 11 月 30 日に特許庁に特許権設定登録(特許第6985656号)されました。

2021年12月20日
ニチモウバイオティックス株式会社