皮下脂肪

皮膚と筋肉との間(皮下組織)蓄えられている脂肪。脂肪はエネルギーを蓄えておく他、衝撃や寒さから体を保護する機能があると言われていたが、最近ではその他の機能として様々な生理活性物質も出すことが分かってきた。例えば皮下脂肪は「満腹ホルモン」とも呼ばれている「レプチン」を産生する。