イソフラボン倶楽部 > 副交感神経

副交感神経

体がゆったりとリラックスしているときに働く自律神経で、交感神経とは真逆の働きをする。血管は拡張し心拍数は減少、血圧は下がる。また、胃や腸の活動は活発になる。