イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > 研究成果・学会発表 > 【学会発表】体内エクオールへの代謝におけるアグリコン型イソフラボンの効果

【学会発表】体内エクオールへの代謝におけるアグリコン型イソフラボンの効果

麹菌発酵大豆胚芽抽出物『AglyMax®』が体内でエクオールへ代謝することを確認

大豆胚芽抽出物(SGE)と発酵大豆胚芽抽出物(FSGE)を用いて、24時間尿中エクオールの排泄量を武庫川女子大学(兵庫県西宮市、理事長:大河原量)との共同研究で、アグリコンイソフラボンである『AglyMax』が体内でエクオールへ代謝することは配糖体イソフラボンの2倍以上多かったことを確認できた。

 

この研究結果は、第50 回高血圧関連疾患モデル学会( 12月5~6日、和歌山)において研究発表。

【発表演題】

「体内エクオールへの代謝におけるアグリコン型イソフラボンの効果」

 

また、2015年6月27日に発行された「医学のあゆみ Vol.253 No.13」に論文掲載。

 

2015.07.03 ニチモウバイオティックス株式会社