イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > 研究成果・学会発表 > 【学会発表】大豆イソフラボンの筋萎縮抑制作用の評価

【学会発表】大豆イソフラボンの筋萎縮抑制作用の評価

麹菌発酵大豆胚芽抽出物AglyMax®で筋萎縮を抑制する作用を確認、第70回日本体力医学会大会にて発表

ニチモウバイオティックス株式会社(本社:東京都品川区、ニチモウ㈱(証券コード8091)100%子会社)の麹菌発酵大豆胚芽抽出物(アグリコン型大豆イソフラボン)である『AglyMax®』が、豊橋技術科学大学総合教育院(准教授:佐久間邦弘)でのマウスの動物試験で、筋萎縮を抑制する作用効果が確認され、2015年 9 月 18~19 日に和歌山市で開催される第 70 回日本体力医学会大会で研究成果を発表した。

食品素材の筋肉に対する機能では、高齢マウスに長期間(3 ヶ月間)ローヤルゼリーを高濃度投与した試験が、第 65 回の同学会大会で発表されている。今回のような下肢骨格筋の運動を支配する坐骨神経切除マウスに、AglyMax®0.6%含有した餌を 14 日間投与し、腓腹筋の萎縮抑制効果が確認されたことは、食品素材では初めてである。

高齢化社会の我国で老化に伴い、筋萎縮を引き起こすサルコペニアの予防にもつながることから注目すべき結果と評価できる。

2015.9.18 ニチモウバイオティックス株式会社