イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > 研究成果・学会発表 > 【論文掲載】体内でのエクオール代謝において優位性を確認

【論文掲載】体内でのエクオール代謝において優位性を確認

AglyMax®の摂取による体内でのエクオール代謝において優位性を確認、日本未病システム学会雑誌 Vol.22 No.1に論文掲載

このたび、①配糖体イソフラボンである大豆胚芽抽出物(SGE)とアグリコン型イソフラボンである発酵大豆胚芽抽出物(FSGE、商品名:『AglyMax®』)を用いて、雄性ラットの24時間尿中エクオール排泄量を確認し、アグリコン型イソフラボンである『AglyMax®』が体内でエクオールへ代謝することは配糖体イソフラボンの2倍以上多かったことを確認した。また、②ハーバード大学との共同研究において、米国人更年期女性92名を対象に、アグリコン型イソフラボン40mgまたは60mgを12週間投与し、血中エクオール濃度によるエクオール代謝能についての検討を行い、AglyMax摂取前ではエクオールを代謝できる人は58.7%(54名/92名)であったのに対し、AglyMax摂取後では67.4%(62名/92名)と改善し、エクオール代謝能の改善率は21.1%であった。

以上の結果により、アグリコン型イソフラボンは配糖体イソフラボンと比較して、体内でよりエクオールに代謝されやすいことが確認された。

この研究結果は、2016年3月31日に発行された日本未病システム学会雑誌Vol.22 No.1に論文掲載された。

2016.4.18 ニチモウバイオティックス株式会社