イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > 研究成果・学会発表 > 【論文掲載】麹菌発酵大豆胚芽抽出物の子宮内膜症に対する抑制効果

【論文掲載】麹菌発酵大豆胚芽抽出物の子宮内膜症に対する抑制効果

麹菌発酵大豆胚芽抽出物『AglyMax®』の子宮内膜症に対する抑制効果を確認、The Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biologyに論文掲載

アグリコン型イソフラボン『AglyMax®』は、京都府立医科大学産婦人科学教室(教授:北脇 城)との共同研究により子宮内膜症への治療的効果が確認され、同研究結果が『The Journal of SteroidBiochemistry and Molecular Biology』にて論文掲載された。

2018.5.22 ニチモウバイオティックス株式会社