イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > エクオール > 女性ホルモンと似ている「エクオール」は更年期の女性の味方

女性ホルモンと似ている「エクオール」は更年期の女性の味方

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

女性ホルモンと似た作用を持つ「エクオール」という物質についてご存知でしょうか?

本記事では、更年期女性の味方である「エクオール」と女性ホルモンの関係についてご紹介していきます。

更年期女性

 

女性ホルモンとは

女性が健康で過ごすためには、卵巣から分泌される「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの女性ホルモンの影響が大きく関わってきます。

とくにエストロゲンは女性らしさを作るホルモンであるとされており、女性の健康的な身体づくりには欠かすことができません。

 

女性ホルモンと更年期の関係

女性の身体は40代を迎える頃あたりから卵巣機能が少しずつ衰えていき、最終的には閉経がやってきます。

この閉経までの前後10年の期間を「更年期」と呼びます。

更年期の時期になると、卵巣から分泌されるエストロゲンが急速に減少していき、体内の女性ホルモンのバランスを乱れさせます。

ホルモンバランスが乱れてしまうと自律神経も乱れてしまうため、のぼせ・火照り・冷え・頭痛といったさまざまな症状が現れてきます。

更年期の症状は100種類以上あると言われており、ほとんどの女性が何かしらの症状を発症させると言われています。

その症状の種類・強さ・頻度などは人によって異なりますが、こういった更年期の時期に引き起こされるさまざまな症状のことを総合して「更年期症状」と言います。

仕事・家事など日常生活にまで支障をきたしてしまうほど重いものに関しては、「更年期障害」と呼ばれています。

食事・運動・睡眠などトータルでの生活習慣の対策を行うことが大切です。

 

エクオール|女性ホルモンと似た作用をもつ

「エクオール」とは、大豆イソフラボンを摂取した際、その成分が代謝されることで作られる物質です。

大豆イソフラボンは主に豆腐・納豆といった大豆食品に多く含まれており、女性の健康や美容に効果的な成分として知られていますが、その中でもダイゼインという大豆イソフラボンの一種が、「エクオール」に代謝されるということが分かっています。

「エクオール」と女性ホルモンの「エストロゲン」はその形状が似ていることから、エストロゲンが減少する更年期の女性の身体をサポートする働きがあるとされているのです。

これまでにも、エクオールによって女性ホルモンが関係するさまざまな不調の緩和の例が報告されてきています。

 

 

おわりに

本記事では、更年期女性の味方である「エクオール」と女性ホルモンの関係についてご紹介しました。

エクオールは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た作用を持っているということが分かりました。

この作用は、今後さまざまなシーンで活用されていくことでしょう。

一覧に戻る

よくある質問
Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む