イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > イソフラボン > イソフラボンが多い食品は?効果的に摂取できる組み合わせも紹介

イソフラボンが多い食品は?効果的に摂取できる組み合わせも紹介

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

豆腐や納豆に含まれるイソフラボンは、私たちの健康を支える成分として無くてはならない存在です。

本記事ではそんなイソフラボンが多い食品や、効果的に摂取できる組み合わせについてご紹介していきます。

大豆食品

 

 

1日にどれくらいのイソフラボンを摂取すればいい?

大豆食品に含まれる成分「イソフラボン」の1日の摂取目安量は、70㎎~75㎎が目安です。

しかし昨今、日本の食生活は欧米化してきており、豆腐・納豆など大豆食品の消費量は著しく低下してきています。

そんな現在、日本人の1日の平均的なイソフラボン摂取量は18㎎とされており、この目安を大幅に下回ってきているのです。

積極的にイソフラボンを摂取することが大切ですが、とにかく大量に摂取すれば良い、というわけではなく、この目安量を毎日欠かすことなく継続して摂取することが大切なのです。

 

日々の食事の中でイソフラボンを適切に摂取するには?

また健康において何より大切なのは、健康バランスの良い食事を摂ることです。

大豆食品を食べるようにして理想的な食生活に近づけていきましょう。

 

 

イソフラボンの含有量が多い食品は?

イソフラボンは大豆を原料としている大半の食品に含まれていますが、大豆の種類・食品製造の方法によって含有量は異なってきます。

下記の表に書かれている食品を見比べてみましょう。

イソフラボンの含有量

 

効果的にイソフラボンを摂取できる食品の組み合わせ

たとえば、納豆1パックに絹ごし豆腐1/2丁を組み合わせて食べると、36mg+38mg=74mgを摂取することができます。

また食品数を増やす場合、納豆1パック・絹ごし豆腐1/4丁・味噌汁1杯・大豆水煮 19mg+6mg+13㎎+36㎎=74mgというような組み合わせもできます。

さまざまな食品との組み合わせを楽しみながら、イソフラボンを無理なく効果的に摂取し続けられるのが良いでしょう。

 

 

おわりに

本記事ではイソフラボンが多い食品や、効果的に摂取できる組み合わせについてご紹介しました。

イソフラボンは日本人に不足しがちな栄養素であるため、毎日の食事から積極的に摂取できるよう意識してみてくださいね。

この記事の執筆者

ニチモウバイオティックス株式会社

ニチモウバイオティックス株式会社

大豆一筋、イソフラボン研究のパイオニア。
大豆の力で、生き生きとした“健康美”を。

一覧に戻る

よくある質問

Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む