イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > 更年期 > 声がかすれるのは更年期が原因?気になる解消法とは

声がかすれるのは更年期が原因?気になる解消法とは

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

「声がかすれている気がする…」という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

本記事では声がかすれる原因や、気になる解消法についてご紹介していきます。

声がかすれるのは更年期?

 

声がかすれるのは更年期が原因?

声がかすれてしまう原因の一つに「更年期」が挙げられます。

とくに女性は女性ホルモンが低下して血流が滞ることで、喉奥の声帯部分にむくみが生じて太くなってしまい、そのことで声がかすれたり、声が低くなってしまったりすることがあるのです。

男性の場合、加齢とともに声帯が縮んで硬くなってしまうので声も細く、少し高くなる傾向にあるのです。

そのほか加齢によって肺活量・唾液量が減ってしまい、筋肉が衰退していくことで声に異変を感じてしまうことも原因として考えられます。

 

 

声のかすれを解消する喉のトレーニング

ストロー発声

声のかすれを解消する喉のトレーニングをご紹介します。

 

ストロー発声法

高齢者の方にも勧められているのが、気軽に取り組めるトレーニングである「ストロー発声法」です。

口にストローを加え、5秒以上「ウー」という声を出します。

次にその「ウー」を低音~高音まで少しずつ上げていきながら発声するようにし、一番高い部分に到達したらそこから少しずつ低音まで戻すようにして発声します。

ストローは噛まないようにして行いましょう。

まずは1日50回、2週間ほど継続した後は3~4ヶ月に1回のペースで1週間程度行うようにすることで、声の老化を徐々に防止することができます。

 

息をこらえるトレーニング

こちらは声を出さずに練習することができる方法なので、場所に捉われず自分のタイミングで行うことができます。

まず胸の前で手を組んで、息を大きく吸い込みましょう。

次に両手を左右に引っ張って5秒程度息を止め、力を抜きつつゆっくりと息を吐くようにしましょう。

これを1セット10回行うようにし、朝・昼・晩に1セットずつ行うようにしてください。

身体に力を入れることによって、声帯筋・声帯周りの首の筋肉が鍛えられていき、かすり声が徐々に改善して、ハリを持った声を長く保つことができるようになるでしょう。

まず1ヶ月程度を目安として継続的に行うようにし、その効果を確認していくようにしましょう。

 

 

おわりに

本記事では声がかすれる原因や、気になる解消法についてご紹介しました。

声は見た目同様、人の印象を大きく左右する要素です。

生き生きとハリのある声を保ち続けるためにも、声をだすことに必要な筋肉を鍛えるトレーニングを実践していくようにしましょう。

 

この記事の執筆者

ニチモウバイオティックス株式会社

ニチモウバイオティックス株式会社

大豆一筋、イソフラボン研究のパイオニア。
大豆の力で、生き生きとした“健康美”を。

一覧に戻る

よくある質問

Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む