イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > エクオール > エクオールは美肌効果が期待できる?食べ物や生活習慣も意識しよう

エクオールは美肌効果が期待できる?食べ物や生活習慣も意識しよう

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

エクオールは美肌効果があると言われています。

本記事ではエクオールは美肌効果が期待できる理由と、美肌を目指す際には食べ物や生活習慣も意識しなければならない理由についてご紹介していきます。

エクオールの美肌効果

 

 

エクオールの美肌効果

エクオールは体内から減少していく女性ホルモンである「エストロゲン」の代わりになることができるため、コラーゲンの生成を促進させ、肌を健康に保つ効果があります。

エクオールはエストロゲンが足りていない場合に代わりとなってくれるだけでなく、エストロゲンが過剰な場合にはその働きを抑制してくれるという「抗エストロゲン作用」もあるのです。

このような役割を果たすことで、お肌の健康を保ってくれています。

 

 

エクオールを作れるのは2人に1人

エクオールの原料は、大豆製品に含まれている「大豆イソフラボン」です。

しかし大豆製品をたくさん食べたからと言って、すべての人が腸内でエクオールを作れるようになるとは限りません。

ある調査の結果では、日本人の中でもエクオールを作ることができるのは2人に1人だと言われています。

若い世代の方が生成できない人が多く、20代においてはおおよそ2割の人しか作ることができないという報告もあります。

 

 

 

食べ物や生活習慣も大事

食べ物や生活習慣も大事

 

日本人は古来より大豆発酵させた味噌・納豆・醤油などを食べてきました。

腸内細菌は赤ちゃんの頃からお腹にいるもの・住環境の中で少しずつ獲得してきた菌が住んでいるという割合がほとんどです。

そんな私たちのお腹に住む腸内細菌は、大豆製品・野菜・海藻・きのこ類など昔から食べられてきた食事を好む傾向にあります。

食生活によって、エクオールを生成する腸内細菌がしっかりと活躍できる腸内環境かどうかが変わってくるということです。

若い世代の方がエクオールを生成しにくいという理由としては、この食生活が大きく関係していると言えるでしょう。

食事が欧米化してきているということが、若い世代でエクオールを生成しにくい理由の一つとして考えられるのです。

「最近シワ・たるみといったものが気になる…」という方は、まず生活スタイルの見直しを図り、昔から食べられている食事を積極的に摂取する・早寝早起きをするなど暮らし方を少しずつ意識して変えていくようにしてみてください。

 

 

おわりに

本記事ではエクオールは美肌効果が期待できる理由と、美肌を目指す際には食べ物や生活習慣も意識しなければならない理由についてご紹介しました。

正しい食事・生活習慣を意識することで、エクオールを生成しやすい身体になることができるでしょう。

この記事の執筆者

ニチモウバイオティックス株式会社

ニチモウバイオティックス株式会社

大豆一筋、イソフラボン研究のパイオニア。
大豆の力で、生き生きとした“健康美”を。

一覧に戻る

よくある質問

Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む