イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > イソフラボン > 女性なら知っておきたい大豆イソフラボンの効果とは?

女性なら知っておきたい大豆イソフラボンの効果とは?

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」にはどのような効果があるのでしょうか?

本記事では、女性なら知っておきたい大豆イソフラボンの効果についてご紹介していきます。

大豆食品

 

大豆イソフラボンとは?

「大豆イソフラボン」とは、大豆や葛といったマメ科の植物に多く含まれる、ポリフェノールの種類の一つです。

ポリフェノールは抗酸化力が強く、生活習慣やストレスで増加し過ぎた「活性酸素」を抑制し、生活習慣病の改善・予防に役立つとされている成分です。

 

エストロゲンのはたらき

エストロゲン」は、丸みのあるふくよかな体・美しい肌など女性らしい体を作るうえで必要となる女性ホルモンです。

大豆イソフラボンは、このエストロゲンと似たような働きを持っており、エストロゲンが不足しているのを補い調節する効果があります。

 

大豆イソフラボンの効果とは

大豆イソフラボンの効果についてご紹介します。

 

更年期の予防

大豆イソフラボンをたくさん摂取している方は、更年期障害による火照り・のぼせ・発汗などの症状が見られにくいとされています。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た化学構造をしており、不足したエストロゲンに代わって補足的に働いてくれるため更年期症状が和らぐのです。

 

美肌効果

エストロゲンの「美しい肌を保つ美肌ホルモン」の働きを大豆イソフラボンが補い、ハリツヤのある美肌を作ります。

また肌のターンオーバーを促進させる効果もあるため、保湿力もアップします。

 

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症を予防するには、「日光浴・適度な運動・骨の元であるカルシウムを摂取する」ということに加えて、カルシウムの流出を防止するエストロゲンの働きを、大豆イソフラボンによってサポートすることが重要とされています。

 

生活習慣病の予防

近年、日本人の血中コレステロール値は増加してきています。

大豆イソフラボンは、悪玉コレステロールを排除する役割も担っているため、生活習慣病の予防として積極的な摂取をおすすめします。

 

男性の薄毛予防

男性の薄毛に多い「男性型脱毛症(AGA)」という症状があります。

この症状は男性ホルモンの「テストステロン」を脱毛ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」へ代謝させる還元酵素により発症します。

そして、このジヒドロテストステロンを抑える作用を持っているのがエストロゲンであり、その似た働きを持つ大豆イソフラボンでも同じ作用を発揮できるのです。

 

 

おわりに

本記事では、女性なら知っておきたい大豆イソフラボンの効果についてご紹介しました。

嬉しい効果を持つ大豆イソフラボンを積極的に摂取する習慣をつけ、健康・美容を向上させていきましょう。

 

この記事の執筆者

ニチモウバイオティックス株式会社

ニチモウバイオティックス株式会社

大豆一筋、イソフラボン研究のパイオニア。
大豆の力で、生き生きとした“健康美”を。

一覧に戻る

よくある質問

Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む