イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > イソフラボン > 大豆イソフラボンにバストアップ効果はある?男性への影響も解説

大豆イソフラボンにバストアップ効果はある?男性への影響も解説

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

 

大豆イソフラボンのバストアップ効果

 

バストアップ効果を期待できると言われている食品があります。

バストを大きくしたいためにそれらの食品を積極的に摂取しているという人も多いのではないでしょうか?

本記事では大豆イソフラボンにバストアップ効果はあるのか、男性への影響についてもご紹介していきます。

 

 

大豆イソフラボンにバストアップ効果はある?

バストアップ効果のある食品として有名なのが、大豆製品です。

豆乳や納豆などを毎日積極的に摂取しているという女性も多いでしょう。

大豆には、抗酸化物質である「イソフラボン」がたくさん含まれています。

このイソフラボンは女性ホルモンである「エストロゲン」と似た分子構造を持っていて、エストロゲンの効果である肌・髪の代謝促進や生理周期を整えるなどの作用があると言われています。

バストアップ効果としては、乳の中にある母乳の分泌を担う「乳腺」が発達することによって大きくなり、その乳腺を守るために身体が胸へと脂肪を集めるようになるという仕組みです。

そして乳腺は、エストロゲンの働きで刺激を受けることによって発達します。

つまり体内で分泌されているエストロゲンに加えて、大豆から摂取できるイソフラボンの働きによって刺激を受け、一層バストアップ効果を期待できるということになります。

これに加え、タンパク質・ビタミン類といったものもバストアップ効果には欠かせない栄養素となるため、「栄養バランスの取れた食事をとる」ということも重要です。

 

 

男性の胸が大きくなることはある?

 

男性の胸が大きくなることはある?

 

エストロゲンが身体の中できちんと働いている場合、イソフラボンがその力を超えてエストロゲン様作用をするということはないため、男性の胸が大きくなるなど「女性化」してしまうこともありません。

また、イソフラボンは男性にも嬉しい効果をもたらしてくれます。

肥大化した前立腺を刺激する悪玉の男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が作り出されるのを防止することや、前立腺へと作用してしまうことを防止する役割を果たしてくれるのです。

 

おわりに

本記事では大豆イソフラボンにバストアップ効果はあるのか、男性への影響についてもご紹介しました。

大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることで、バストアップ効果を得ることができます。

しかし、バストアップには「さまざまな栄養素をもつ食材をバランス良く食べる」ということも欠かすことができないため、バストアップしたいからと言って同じ栄養素ばかりを摂取するということが無いようにしましょう。

この記事の執筆者

ニチモウバイオティックス株式会社

ニチモウバイオティックス株式会社

大豆一筋、イソフラボン研究のパイオニア。
大豆の力で、生き生きとした“健康美”を。

一覧に戻る

よくある質問

Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む