イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > イソフラボン > イソフラボンには2種類ある?アグリコン型で摂るべき理由とは

イソフラボンには2種類ある?アグリコン型で摂るべき理由とは

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

納豆

身体に良い影響を与えてくれるイソフラボン。

そんなイソフラボンには、種類があることをご存じでしょうか?

本記事ではイソフラボンには2種類あるという内容と、アグリコン型のイソフラボンを摂るべき理由についてご紹介していきます。

 

イソフラボンには2種類ある

 

吸収しにくい「グリコシド型」

吸収しにくいと言われているのが「グリコシド型」です。

豆腐・納豆などの大豆食品の大半に含まれているグリコシド型イソフラボンは、その周りに糖が付着しており、分子量が大きいため、腸内細菌の酵素の力で糖を分解しないと体内に吸収されない仕組みとなっています。

 

吸収しやすい「アグリコン型」

一方、吸収しやすいと言われているのが「アグリコン型」です。

グルコシド型イソフラボンから、糖が外れた状態のものをアグリコン型と言われます。

吸収の妨げになっている糖が外されるので、腸内細菌の働きとは関係なく、胃・腸で速やかかつ効率的に吸収されるのです。

またアグリコン型のイソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」、男性ホルモンである「テストステロン」とその分子構造が似ているとも言われています。

 

アグリコン型イソフラボンの効果

サプリメント

アグリコン型イソフラボンは、更年期の不調を改善する効果があると言われています。

摂取することで、体内に「エストロゲン」と似たような働きをしてくれ、乱れがちなホルモンのバランスを整えてくれるのです。

女性はある程度年齢を重ねると卵巣機能が低下し、エストロゲンが減少します。

アグリコン型イソフラボンは、そのエストロゲンと似た分子構造をしており、体内でも同じような働きをしてくれます。

摂取することによってホルモンバランスの乱れから起きている冷え・のぼせ・肩こり・めまい・頭痛・不眠・イライラなどの更年期に表れる症状が緩和されます。

 

 

サプリで摂取するならアグリコン型を選ぼう

 

サプリで摂取する場合は、イソフラボンの状態が「アグリコン型」で配合されているかということをチェックするようにしましょう。

アグリコン型イソフラボンは、初めから糖が外れているので、腸内細菌の働きとは別に、胃もしくは空腸の部分から効率的に吸収できます。

またその吸収率も高く、グリコシド型の3倍以上の吸収率とされています。

 

おわりに

本記事ではイソフラボンには2種類あるという内容と、アグリコン型のイソフラボンを摂るべき理由についてご紹介しました。

イソフラボンを効果的に摂取したいという場合には、吸収率の良いとされる「アグリコン型」のイソフラボンを選ぶようにすると良いでしょう。

一覧に戻る

よくある質問
Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む