イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > エクオール > エクオールの摂取で太ることはない?肥満への効果について解説

エクオールの摂取で太ることはない?肥満への効果について解説

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

女性の健康・美容面を上手くサポートしてくれる成分として、注目されているのがエクオールです。

エクオールは女性ホルモンのエストロゲンと似ている働きをもっています。

そういった女性に嬉しい効果をたくさんもつエクオールであるため、「できる限り積極的に摂取したい」と考える方も多いでしょう。

しかし一方で、「エクオールを積極的に摂取して太らないか心配…」という声もあります。

本記事ではエクオールの摂取で太ることはないのか、肥満への効果についてご紹介していきます。

エクオールの肥満への効果

 

エクオールの摂取で太ることはない?

 

「エクオールを摂取することで体重が増加するのか」という問題ですが、2022年4月の時点ではそのような正確なデータはありません。

むしろ、エクオールは肥満の原因とされている「悪玉コレステロール」の増殖を抑える効果があるということが分かっているのです。

年齢を重ねるごとに女性ホルモンである「エストロゲン」が減少することで、体内環境は悪玉コレステロールが増殖しやすい状態になります。

エストロゲンと似た働きをするエクオールを摂取することにより、悪玉コレステロールが低下して、動脈硬化・肥満といった生活習慣病になるリスクを下げる効果も期待できるとされています。

 

 

エクオールに期待できる効果

エクオールに期待できる効果

 

エクオールにまつわる研究のうえでは、現在、更年期症状改善・メタボリックシンドローム改善作用・骨粗しょう症の予防といったさまざまな効果が報告されているのです。

閉経を迎える5年前後が更年期に該当しますが、前項でも少し触れたように加齢にともなってこの女性ホルモンは減少していくことが分かっています。

エストロゲンが減ってしまうといろいろな身体機能が変化を起こし、神経調節不良・心身の不調といったものが起きやすくなってしまうでしょう。

そんな女性ホルモンのエストロゲンと似ている働きを持つエクオールを摂取することで、更年期に表れてしまう身体のいろいろな不調を改善できる効果が期待できると言われているのです。

 

 

おわりに

 

本記事ではエクオールの摂取で太ることはないのか、肥満への効果についてご紹介しました。

基本的には「エクオールの摂取によって太る」ということはありません。

悪玉コレステロールの増殖を抑えてくれるため、とくに肥満を心配されている方はエクオールの摂取を積極的に行ってみると良いかもしれません。

健康・美容、どちらにも良い効果のあるエクオールを効果的に取り入れていきましょう。

 

この記事の執筆者

ニチモウバイオティックス株式会社

ニチモウバイオティックス株式会社

大豆一筋、イソフラボン研究のパイオニア。
大豆の力で、生き生きとした“健康美”を。

一覧に戻る

よくある質問

Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む