イソフラボン倶楽部

イソフラボン倶楽部 > お役立ち情報 > 大豆 > 大豆タンパク質の健康効果|畑の肉と呼ばれる大豆のスゴさ

大豆タンパク質の健康効果|畑の肉と呼ばれる大豆のスゴさ

監修:髙松京子

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザー

調味料メーカーでのレシピ開発、料理撮影の他、メニューブックの編集にも携わる。調理師専門学校での講師や特定保健指導等の栄養相談の経験も持ち、食品栄養コラムの執筆などを行う。得意分野は食文化、ハーブ、スパイス等。

大豆には非常に多くの栄養素が含まれています。

本記事ではそんな「畑の肉」と呼ばれる大豆のスゴさ、そして大豆タンパク質の健康効果についてご紹介していきます。

大豆の栄養

 

大豆に含まれる栄養素

 

「畑の肉」と呼ばれるほど、タンパク質の量が豊富です。

また鉄分も含まれているほか、カルシウムは牛乳と同量が含まれています。

さらに大豆には脂質量は少なく、タンパク質が摂取できる肉類には含まれていない食物繊維も多く含まれています。

食物繊維は腸内の環境を整えてくれる作用もあるため、下痢・便秘ぎみの方にはぜひ摂取いただきたい成分です。

食物繊維を摂取するためには豆乳や豆腐などよりもゆでた大豆・納豆・おから・きなこといった、大豆を丸ごと食べることができる食材を選ぶとよいでしょう。

日本人は食物繊維が不足しがちと言われているため、大豆を積極的に摂取するのが良いですね。

 

 

大豆タンパク質に期待できる健康効果

大豆たんぱく

 

大豆タンパク質に期待できる健康効果について見ていきましょう。

 

良質なタンパク質を摂取できる

特定の食品に含まれる必須アミノ酸の構成比から栄養価を評価する方法があり、「アミノ酸スコア」と呼ばれています。

必須アミノ酸とは、体のタンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内で合成できず食事から摂取することが不可欠な9種類のアミノ酸のことです。

アミノ酸スコアは、各必須アミノ酸が基礎値に対して、どれくらいの割合含まれているかを数値化したもので、各アミノ酸が100に達したものが良質なタンパク質ということになります。

以前まで、大豆タンパク質のアミノ酸スコアは過小に評価されていたのですが、現在では、100とされています。

吸収率も95%以上と非常に高く、体内でほとんど利用することができるタンパク質であるとされています。

消化には時間がかかるため腹持ちも良く、ダイエットをされている方には嬉しいポイントかと思います。

 

大豆イソフラボンのさまざまな嬉しい効果

大豆イソフラボンには「女性ホルモン様作用」があると言われています。

現在でも、生活習慣の乱れにより引き起こされる身体への負担を、正常な状態に近づける多くの働きが解明されてきているのです。

また、イソフラボンの中には「ダイゼイン」「ゲニステイン」といった種類がいくつかあり、その種類によって働きも少しずつ異なります。

 

おわりに

 

本記事では「畑の肉」と呼ばれる大豆のスゴさ、そして大豆タンパク質の健康効果についてご紹介しました。

ご紹介した栄養素・健康効果以外にも、大豆には多くのメリットがあります。

今後もまだまだ大豆が持つ力は見つかっていくことでしょう。

それぞれの栄養素・健康効果を把握したうえで、積極的に摂取していきたいものですね。

 

この記事の執筆者

ニチモウバイオティックス株式会社

ニチモウバイオティックス株式会社

大豆一筋、イソフラボン研究のパイオニア。
大豆の力で、生き生きとした“健康美”を。

一覧に戻る

よくある質問

Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラボンは…

[続きを読む]
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。 ただ、これらの…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品(トク…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む